バイアグラ・レビトラ・シアリス効果徹底比較|ED治療薬解説するWiki » シアリスの成分

シアリスの成分

 

シアリスの成分によって、3タイプがあります。そして、この成分によって、シアリスは今までのED治療薬の中で、効果持続時間が一番長い薬になりました。今のところで、シアリスの成分について具体的にご紹介しています。

タダラフィル・シアリスの有効成分


シアリスを含有している成分はタダラフィルというものです。そして、シアリス「5mg」、「10mg」、「20mg」というのは主成分タダラフィルの含有量であります。

三大ED治療薬・シアリス、バイアグラ、レビトラというのはシアリスの成分タダラフィル、バイアグラの成分シナデルフィルそしてレビトラの成分バルデナフィルです。三大薬の成分にはそれぞれ使用されているけど、どれもPDE-5という酵素に作用し、ペニスの血流を改善して、陰茎の正常な勃起を促進することになります。でも、成分は違うため、効果の現れる過程が異なります。

それによって、一番違うのは効果の持続時間です。特にシアリスです。シアリスの有効成分タダラフィルには体内に吸収されるまでに時間がかかりますので、シアリスの効果時間がもっと長くなっています


タダラフィルによってシアリスの効き目


前に言った通り、シアリスはほかの二つと同じで、PDE-5という酵素に作用して勃起を促す効果があります。PDE-5は5-ホスホジエステラーゼという酵素です。もし、PDE-5が働き過ぎると、ペニスの血流に深く関係があるcGMPという物質を過剰に分解して、血流が悪くなります。この原因によって、勃起不全が引き起こすのです。シアリスの成分タダラフィルは5-ホスホジエステラーゼの動きを阻害する効果があったので、正常な勃起することになりました。それ以外には、タダラフィルは前立腺肥大症の薬の成分としても利用されています。タダラフィルは前立腺や膀胱平滑筋を弛緩させる効果があると言われています。