バイアグラ・レビトラ・シアリス効果徹底比較|ED治療薬解説するWiki » レビトラ

レビトラ

 

レビトラ・バイアグラの次に誕生したED治療薬

レビトラというED治療薬は世界で二番目の治療薬です。つまり、バイアグラの次に誕生した、ドイツに本社を持つ、最も有名な製薬会社バイエルが製作販売されました。バイアグラと違うオレンジ色の薬剤です。レビトラは「バイアグラの欠点を改善するため製作された薬」と言われています。


日本の場合は、バイアグラの発売した1年後で、厚労省に承認申請を行い2004年に販売が許可されました。そして、日本で処方されたレビトラは[5mg]、[10mg]、[20mg]の3種類です。販売当初、「EDは話すことから始ります」というポスターやTVCMなどで俳優の草刈正雄さんが主役としてEDの疾患啓蒙広告を行っていると言うことをまだ覚えている方もいるかもしれません。


レビトラの名前の由来

レビトラの英文は「LEVITRA」です。LEVITRAは「le」と「vitra」二つ部分が構造されました。LEVITRAの「le」はフランス語で男性定冠詞という意味です。そして、「vitra」は生命の意味であります。だから、LEVITRAは「男性の生命」という意味です。


レビトラの成分・バイアグラと違います

レビトラの成分はバルデナフィル塩酸塩水和物という物質であります。レビトラはバイアグラの欠点を改善するという目標として製造されたけど、バイアグラの成分と全く違います。バルデナフィル塩酸塩水和物は白色~若干黄色がかった結晶性の粉末で、エタノール(99.5)又は水にやや溶けやすい性質を持っています。成分の「水に溶けやすい」特徴はバイアグラやシアリスにはないレビトラの特性で、血中濃度に達する時間は「約42分~54分」ということが三大ED治療薬の中で一番早速であります。


レビトラについて

クリックして、すぐ了解できます!

レビトラの成分について具体的に了解したいなら...