バイアグラ・レビトラ・シアリス効果徹底比較|ED治療薬解説するWiki » レビトラの成分

レビトラの成分

 

レビトラの有効成分・バルデナフィル

レビトラの有効成分はバルデナフィルという物質です。バルデナフィルはバイアグラの成分と同じ、PDE-5というEDの原因となる酵素を阻害できます。そうすると、男性器の正常な勃起を補助しているのです。今市販しているレビトラは大体0mgと20mgの2種類がありますが、これらは有効成分であるバルデナフィルの含有量を示しています。例えば:レビトラ20mgは、バルデナフィル塩酸塩水和物23.705mgのなかにバルデナフィル20mgを含んでいるという意味です

バルデナフィルの特徴

バルデナフィルは一体どんなものですか?どんな特徴がありますか?


バルデナフィルは、少し黄みがかった白色の結晶性の粉末です。その原因で、レビトラは黄色い錠剤となっています。また、バルデナフィルは水に溶けやすいという特性があります。これは、三大ED治療薬の中ではレビトラしかない特徴です。だから、その特性によって、レビトラは三大ED治療薬の中で、最高血中濃度に達するまでの時間が最も短く、一番即効性の高い薬と言われています。

バルデナフィル・どうやって作用していますか?

男性器には性的刺激と興奮を受けて、細胞内にcGMPという物質が増え、血管を拡張させます。そして、PDE-5という酵素の働きによってcGMPが壊され、血管が収縮することで勃起を終わります。この一連反応は勃起ということです。EDの場合は、PDE-5の働きとcGMPという物質の動きのバランスを崩れました


そうするとき、レビトラを服用すると、含有している有効成分バルデナフィルによって、PDE-5の働きを阻害して、ペニスの血流を改善して、勃起をサポート効果があります


レビトラの関係情報

クリックして、すぐ了解できます!

レビトラの効果について関連情報をオススメです!