バイアグラ・レビトラ・シアリス効果徹底比較|ED治療薬解説するWiki » EDと生活習慣病

EDと生活習慣病

 

生活習慣病はED勃起不全になる原因が判明されます


生活習慣病は、つまり不規則な生活やバランス悪い飲食や運動不足、またアルコール過量、喫煙のような原因によって起こした健康問題です。それぞれはED勃起不全と関係があります。例えば生活習慣病による高血圧は血管には硬くなり、狭くなり、そして陰茎への血管へ流れる血液も少なくなり、最後で勃起しにくくなります。


しかも、生活習慣病は治療が困難な場合が多いので、日頃から気をつけて生活をしてください!


EDになった原因は血管不健康です


あなたの血管は不健康ということがED勃起不全になった一つの原因です。そのまま放置すれば、動脈硬化の症状が現れる可能性があります。

勃起というのは、海綿体に血液が充満して、勃起が引き起こります。そうすると、勃起に関しては血液量と血管の状態が繋がています。もし不健康な状態であったり、障害があったりすると、十分に勃起しない、勃起してもすぐに萎えてしまうなどの症状が現れます。


EDを防止する為に悪い生活習慣を改善しましょう


生活習慣病とは、慢性的な喫煙や過度の飲酒、乱れた食事や不規則な生活やストレスの原因とする病気であり、高血圧や糖尿病や高尿酸血症などの病気を引き起こすの可能性が高くなります。そして最終的には心臓病や脳卒中や心筋梗塞にも繋がる、恐ろしいです。特に脳卒中のような病気にはは血管に重大なダメージを受けたときに発症する病気ですが、EDはそれほど血管にダメージがなく、少しの異常であっても勃起がスムーズに起きなくなります。


少し注意するところ


生活習慣病として高血圧は初期に発症するのがED勃起不全なのです。

つまり、EDや、勃起してもすぐに萎えてしまう軽度のED症状があったとき、高血圧や糖尿病への予兆である可能性があります。だから、日頃から不健康な生活は改善しなければなりません。ED勃起不全だけではなく、多くの病気を防ぐことにもなります。