バイアグラ・レビトラ・シアリス効果徹底比較|ED治療薬解説するWiki » バイアグラ副作用

バイアグラ副作用

 

バイアグラ主な副作用は主に症状には「顔の火照り」と「目の充血」です。


バイアグラ副作用の二つ症状は服用方には多少感じられるです。これはバイアグラの効果を発揮しているとき一緒に連れてきて症状です。つまり、バイアグラの効果が出てくる同時に現れる症状です。また、他の副作用には「頭痛」や「動悸」、「鼻詰まり」という症状です。そして、「青視症」という副作用を発症する場合も可能です。


でも、副作用は個人差によって、発生する程度が違うですけど、少し注意したほうがいいと思います。


バイアグラを服用できない方

バイアグラは服用できない方は確かにいます。次の症状を持っている人たちには服用できません


  • バイアグラの含有している成分にアレルギーを引き起こす方。


  • ニトログリセリン、 亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等を投与中の方。


  • 心臓や心血管に問題がある人。


  • 低血圧、また高血圧で治療中の人。


  • 夜盲症を患っている人。


以上の人たちはバイアグラを服用することで、自身の症状を悪化することが可能です。自分の健康ため、服用することはやめてください!


注意点


ED治療薬だけではなく、薬であれば、副作用があるのは当然のことです。世の中で副作用は完全になかった薬はありません。できるのは薬の副作用を軽度させることです。だから、ED治療薬を選ぶとき、自分の調子と他の薬との飲み合わせことをはっきり了解しなければんりません。